海外でインターンシップ(学生編)

海外でインターンシップ?

インターンシップは、学生が企業で一定期間就業体験をすること。
では、海外でインターンシップというとどういうことなのでしょうか?

海外でインターンシップをするということは、海外の企業で一定の期間就業体験をするということです。
海外の興味のある学生や、将来グローバルな職種に就きたいと思っている学生、海外で生きた英語を身につけたいという学生におすすめのインターンシップです。
就業体験とはいえ、海外の企業に行くわけなので、英語力が問題になります。
近頃は、海外インターンシップをサポートしてくれる企業も沢山ありますので、手続きの方法や必要な書類の作成方法などは、そういった企業に尋ねてみると良いでしょう。

海外でのインターンシップのあと、そのまま海外の企業に就職することも出来るそうです。
相手企業に「優秀な人材だ」と認めてもらうことが出来れば、インターンシップ後も海外で働くチャンス。
日本に帰国しても、海外での経験が就職活動にプラスになることでしょうね。

うーん、海外が好きな学生さんだったら、インターンシップ後も海外で働きたいと思うでしょうね。
日本とは違う環境で戸惑うことも多いかもしれませんけど、海外のほうが楽しく働けるということもありそうです。

学生の海外インターンシップのメリット

海外でインターンシップをしたいと思う学生が増えているということは、海外インターンシップによるメリットが多いということになると思います。
そこで、海外インターンシップのメリットを挙げてみます。

?自分を成長させることが出来る
学生のうちに「自分を成長させたい!」と思っても、周りが学生だけだと成長のチャンスもなんとなく逃してしまいがちです。
海外の企業で就業体験をするという環境に身をおくことで、精神的な成長につながるのです。

?海外から日本を見ることが出来る
普段見落としがちな日本の良いところに気がついたり、海外から日本の企業見ることで、その企業に対して自分が今までどんなイメージを持っていたかを冷静に考えることが出来るでしょう。
日本にいるとなかなかこういうことには気がつかないものです。

?就職活動に綱けることが出来る
「学生時代に何を頑張ったか」、「その経験を生かして社会でどうありたいのか」は、面接での定番の質問です。
こういったシーンでは、海外インターンシップの実際の体験談が活かされます。
また、グループディスカッションもスムーズに行えるのではないでしょうか。

学生の海外インターンシップはいろいろなメリットがあるので、興味がある学生さんはぜひ挑戦してみてください!

インターンシップの問題点

インターンシップは正しく機能すれば、企業側と求職者側の双方に良い作用をもたらす制度です。しかし、その一方で制度を理解しない、または企業側が都合のいいように解釈してしまう事態もあるのです。

 

「インターンシップとアルバイト」の項目でも述べたとおり、インターンシップとはアルバイトと異なりお金を得ることが目的ではありません。

その点を都合よく解釈され、アルバイト同様に働かせられたにも関わらずお金を貰えない、という辞退が過去に発生し、問題になりました。

インターンシップは賃金の発生しないアルバイトではありません。もし無償であるならば、雇用主が直接の利益を得ない、雇用に向けて職業訓練が適切に行われている必要があります。

 

もしも自分がインターンシップに参加することになったら、就職活動に向けて大事な時間を使って参加するのですから、今一度自分の目的を果たせるかどうか確認してみると良いかもしれませんね。